現金で支払うよりクレジットカードで買い物

高校卒業後すぐに就職しました。
高校時代は部活動で一度もアルバイト経験をした事がなかった私にとって給料は大金でした。

一ヶ月に15万以上の収入があっても自分で管理が出来ず、現金で支払うよりクレジットカードで買い物ばかりしていました。
そんな時、引き落とし明細が来て残高が足りないことに気づき大慌て。
これではまずいと思い母親にお金を借りて自分の預金に補填をしました。

母は元銀行員だったのでお金の管理には厳しく私の口座から給料が入ったら定期預金に自動引き落としすると言う手続きをさせられ、それ以降クレジットカードでの買い物もなかなか出来ませんでした。
それでもどうしても欲しいものがあった時は、同居していは祖父母にお金を借りて翌日の給料で返済をしていました。

内緒にしていたことでしたが、母親にばれてしまい激怒されました。
それでも懲りなかった私は最後はアルバイトで沢山稼いでいた弟にお金を一度だけ借りて欲しい物を購入した記憶があります。
姉としてのプライドもあり、これが最後のお金を借りた経験です。

レイク WEB申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です